• 痴娯の家
  • 黒船館
  • 藍民芸館
  • コレクション学会
  • コレクションの町柏崎
  • ご利用案内
  • コレクション展示品
  • 月刊「痴娯の家」
痴娯の家

花巻のちゃぐちゃぐ馬

2016年12月号

月刊「痴娯の家」

岩手県は旧南部藩の時代から、良馬の産地として知られ、

馬を家族の一員ように大事に接していました。馬にちなむ行事や伝説が多い土地柄です。

◆  ◆  ◆

この花巻産の馬玩も、その昔、時の南部藩主利直は馬産を奨励しました。

◆ ◆ ◆

優良馬を産出した農家では、旧暦5月5日の端午の節句には、

農作業を休み、この日を馬の安息日としました。

◆ ◆ ◆

当日は愛馬に色とりどりの布や、鈴をつけて飾り、

馬の守護神とされている盛岡市外、岩手山麓の蒼前神社(そうぜん)に参詣し、

馬の息災延命を祈願しました。

◆ ◆ ◆

ちゃぐちゃぐは馬の首につけた鈴の音をあらわしています。桐材で作られています。

 

※ 2016年12月7日〜2017年3月3日まで冬期休館に伴い、

  2017年1月号、2月号はお休みさせていただきますのでご了承下さい。

   次号2017年3月号をお楽しみに!!