• 痴娯の家
  • 黒船館
  • 藍民芸館
  • コレクション学会
  • コレクションの町柏崎
  • ご利用案内
  • コレクション展示品
  • 月刊「痴娯の家」
痴娯の家

高岡の獅子頭

2015年12月号

月刊「痴娯の家」

富山県高岡市の郷土玩具です。桐や朴の木を彫って作った一本角の獅子頭で、

頭の毛は馬の毛を使っています。この地方の祭礼に登場する獅子頭を玩具化しました。

◆  ◆  ◆

かつては赤塗りに金銀の点描をほどこしたものがありましたが、

今では、赤、黒をもとにした二種類です。耳、顎がうごきます。この獅子頭は富山系です。

◆ ◆ ◆

この作品は素朴で重厚さがあり、かつ民芸調ゆたかといわれていましたが、

現在は廃絶してしまいましたので、高岡産が県下唯一のものとなりました。

◆ ◆ ◆

全国数ある獅子頭のなかでも、一本角の獅子頭はめずらしいといわれています。

◆ ◆ ◆

※ 2015年12月29日〜2016年2月29日まで資料整理のための冬期休館に伴い、

  2016年1月号、2月号はお休みさせていただきますのでご了承下さい。

   次号2016年3月号をお楽しみに!!