• 痴娯の家
  • 黒船館
  • 藍民芸館
  • コレクション学会
  • コレクションの町柏崎
  • ご利用案内
  • コレクション展示品
  • 月刊「痴娯の家」
痴娯の家

戸畑の孫次凧

2014年7月号

月刊「痴娯の家」

天高く舞う凧を見上げる時、私たちはだれでも

それを鳥や虫に見立てて、大空を自由に飛んでみたいと思います。

◆  ◆  ◆

全国的にこの種の凧は多く作られました。愛知県安城桜井の蝶凧、蜂凧、

高知県高松市の蝶凧、せみ凧、静岡県大須賀のせみ凧、

北九州のせみ凧、他にもからす凧、わし凧、あぶ凧等等。 

◆ ◆ ◆

 この北九州市戸畑の孫次凧もせみ凧です。

製作者の竹内孫次の名前からこの通称が生まれました。

全国的にみても個人の名前が冠せられた凧は、ほとんどありません。

◆ ◆ ◆

大正の頃から作られており、博多方面にも販路を広げました。

赤、緑、黄、黒の原色を使って童画風にしたててあるところに、人気がありました。

◆ ◆ ◆