• 痴娯の家
  • 黒船館
  • 藍民芸館
  • コレクション学会
  • コレクションの町柏崎
  • ご利用案内
  • コレクション展示品
  • 月刊「痴娯の家」
痴娯の家

尾張奴凧

2014年3月号

月刊「痴娯の家」

凧は基本的には、角長方形です。しかし変わり凧も地方地方にたくさんあります。

◆ ◆ ◆

日本はその種類の多いことで、世界でも稀だといわれています。

大きく分けると、江戸を中心としたものと、九州を起源とするものになります。

◆ ◆ ◆

江戸時代、武家奉公の中間奴の姿を模した凧が奴凧です。

剃りあげた頭に鎌のような髭をたくわえ、目を大きくみひらいています。

筒袖を左右に伸ばし足を尾に見立てた優れた造形です。

◆ ◆ ◆

江戸時代中期ころから、江戸ではじまり、しだいに全国にひろまっていきました。

武士の屋敷の上に身分の低い奴を揚げて、日ごろの憂さをはらしたことが、

町人におおいに受けたということです。

◆ ◆ ◆