• 痴娯の家
  • 黒船館
  • 藍民芸館
  • コレクション学会
  • コレクションの町柏崎
  • ご利用案内
  • コレクション展示品
  • 月刊「痴娯の家」
痴娯の家

犬山土人形 小野道風

2012年8月号

月刊「痴娯の家」

  愛知県犬山市といえば、国宝犬山城で有名ですが、

かってここでは土人形がつくられていました。

江戸時代末期には既に製作されていました。伏見系でした。

◆ ◆ ◆

明治になり三河系の棚尾の型が入りました。

棚尾系ともいわれる所以です。

歌舞伎に取材した大型の土人形が多く作られました。

◆ ◆ ◆

小野道風は平安時代、藤原佐理、藤原行成とならぶ三蹟の一人です。

この犬山土人形も昭和の初め、

製作者の死とともに姿を消しました。

◆ ◆ ◆

ここの土人形は伏見系、三河系でしたので、

とくに三河系にあっては歴史に題材をとったものも多く、色彩もあざやかでした。

◆ ◆ ◆