• 痴娯の家
  • 黒船館
  • 藍民芸館
  • コレクション学会
  • コレクションの町柏崎
  • ご利用案内
  • コレクション展示品
  • 月刊「痴娯の家」
痴娯の家

痴娯の家 秋の特別展のご案内

平成24年10月6日(土)〜 11月25日(日)

郷土玩具原画展 2 

- 土人形を中心として -

 

夏の特別展に引き続き、館長自筆の郷土玩具の原画を展示します。

米沢の相良(さがら)土人形は、江戸時代中期名君といわれた

上杉鷹山(ようざん)により、藩の事業の一つとして始まりました。

作品は京都伏見と仙台堤人形の影響を受けていますが、

彩色には特産の紅花を使うなど、地方色も豊かです。

子守、座り娘、鯛担ぎ等型はいずれも小型です。

          

◆ ◆ ◆

前ページへ戻る